HondaFC
お問い合せ
スクール
トップページ > スクール > 育成スクール

育成スクール

対象者及び入会方法

小学3年生(U-10)から高校生(U-18)までを対象としています。
U-10、U-12は普及スクール内でのセレクション(キャンセル待ち入会希望者含む)、中学生以上は一般公募によるセレクションにて入会者を選抜しています。



コース及び実施場所

 U-10(小学3/4年生) Honda 都田サッカー場人工芝・Honda 細江サッカー場
 U-12(小学5/6年生) Honda 都田サッカー場人工芝・Honda 細江サッカー場・浜松市公共グランド(豊岡小)
 U-15(中学生) Honda 都田サッカー場人工芝・Honda 細江サッカー場・浜松市公共グランド(平口G、浜名中、豊岡小)
 U-18(高校生) Honda 都田サッカー場人工芝・Honda 細江サッカー場




スクール実施スケジュール

 U-10
(小学3/4年生)    
毎週 水・金曜日とし、土・日曜日は、随時、試合/練習を行う。平日の活動時間は、18:00~20:00を基本。                          
 U-12
(小学5/6年生)
毎週 火・木・金曜日とし、土・日曜日は、随時、試合/練習を行う。平日の活動時間は、18:00~20:00を基本。
 U-15(中学生)毎週 火・水・金曜日とし、土・日曜日は、随時、試合/練習を行う。平日の活動時間は、18:00~20:00を基本。      但し、各会場の利用可能時間により、活動時間を変更する。
 U-18(高校生)毎週 火・水・木・金曜日とし、土・日曜日は、随時、試合/練習を行う。平日の活動時間は、18:00~20:00を基本。

※詳細な活動スケジュールは会員に別途連絡致します

u-10について u-12について u-15について u-18について




Honda FC U-10について

目的
  1. 一貫した指導体制の下、U-10年代に合った的確な指導を実践し、U-12年代で活躍できる選手を育成する。
  2. サッカーを通じて良い習慣を身に付け、心身ともに健全で魅力ある人間性を持った選手を育成する。
.
指導方針
  1. 明るく元気あるスポーツマンを育成し、ルール、マナー、挨拶を徹底する。
  2. 他学年との選手交流を行う。
  3. チームの和を大切にし、サッカーの楽しさを伝える。





Honda FC U-12について

目的
  1. 一貫した指導体制の下、U-12年代に合った的確な指導を実践し、U-15年代で活躍できる選手を育成する。
  2. サッカーを通じて良い習慣を身に付け、心身ともに健全で魅力ある人間性を持った選手を育成する。
.
指導方針
  1. 明るく元気あるスポーツマンを育成し、ルール、マナー、挨拶を徹底する。
  2. 他学年との選手交流を行う。
  3. チームの和を大切にし、サッカーの楽しさを伝える。
  4. サッカーの黄金期(Golden Age)に必要な技術/個人戦術を習得する。





Honda FC U-15について

目的
  1. 一貫指導体制の下、U-15年代に合った的確な指導を実践し、U-18年代で活躍できる選手を育成する。
  2. サッカーを通じて良い習慣を身に付け、心身ともに健全で魅力ある人間性を持った選手を育成する。
.
指導方針
  1. サッカーを通じて、主体性・積極性・協調性が身に付くような環境を整える。
  2. 明るく元気あるスポーツマンを育成し、ルール・マナー・挨拶を徹底する。
  3. 果敢にチャレンジしようとする選手の背中を押す指導を行う。
  4. 高校年代(2種)やHonda U-18との連携を図りチーム、個人の育成を行う。
  5. 選手一人ひとりの特徴(強み)を伸ばす指導を徹底する。





Honda FC U-18について

目的
  1. 一貫指導体制の下、U-18年代に合った的確な指導を実践し、トップチームで活躍できる選手を育成する。
  2. サッカーを通じて良い習慣を身に付け、心身ともに健全で魅力ある人間性を持った選手を育成する。
.
指導方針
  1. サッカーを通じて、主体性・考え抜く力・チームワークを身に着けさせる。
  2. ルール・マナー・挨拶を徹底する。
  3. 自分を取り巻く環境を理解させる。
  4. グランドレベルで厳しさを持たせる(強い意志、グランド内で競争)
  5. どんな環境においても気を抜かず、常にベストを尽くす。
  6. 強い身体作りや怪我の予防、コンディションを自己管理させる。
  7. 試合毎に分析を行い、課題を克服させる。(映像振り返り)
  8. 世界・日本・地域・他県・静岡のサッカーを、聞く・見る・体感し、個人/チームの視野を広げる。



                  ページの先頭へ